建設キャリアアップシステム 防水施工技能者能力評価とは

   建設キャリアアップシステム【CCUS】の能力評価(レベル判定)
当協会は、建設技能者マネジメントスキル向上特別講習の受講による建設キャリアアップシステムの防水施工技能者に関する能力評価(レベル判定)について、受付を開始いたしました。
下記の内容等熟読の上、申請書用紙をダウンロードし当協会宛にご提出ください。

なお、2020年4月より開始予定のシステム化に伴い、申請方法が変更となる場合がございますのでご了承ください。
申請に必要な書類

レベル2、レベル3の認定に必要とされる条件(就業日数及び保有資格:「レベル1~4の基準 一覧」参照)を満たしているか確認の上、下記①~⑤の全てを提出してください。

 ①   能力評価申請書 兼 キャリアアップカード(レベル2以上)交付申請書(様式1)
 ②   経歴証明書(様式2 又は 様式3)
 ③   保有している資格を証明できる書類
 ④   技能者IDが確認できるもの(キャリアアップカードの写しなど)
 ⑤   建設技能者(防水施工技能者)マネジメントスキル向上特別講習の修了証の写し
    ◇ 様式1~3(上記申請書類の①②)は下記よりダウンロードしてください。
   

様式1 ※記載例あり様式1 ※記載例あり(エクセル)

様式2 ※記載例あり様式2 ※記載例あり(エクセル)

様式3 ※記載例あり様式2 ※記載例あり(エクセル)

※上記のデータが開けない場合は、一度デスクトップ等にファイルを保存してからお開きください。

 

レベル1~4の基準 一覧

就業日数 保有資格 職長・班長として
の就業日数
レベル4 就業日数が2,150日(10年)以上であること。 ●登録防水基幹技能者
●優秀施工者国土交通大臣顕彰
・レベル2、レベル3の基準に示す保有資格
職長としての就業日数が645日(3年)以上であること。
レベル3 就業日数が1,505日(7年)以上であること。 ・1級防水施工技能士
・レベル2の基準に示す保有資格
職長又は班長としての就業日数の合計が215日(1年)以上であること。
レベル2 就業日数が645日(3年)以上であること。 ●2級防水施工技能士
●玉掛け技能講習
-
レベル1 建設キャリアアップシステムに技能者登録をされ、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者
●印の保有資格については、いずれかの保有で可
【就業日数について】
能力評価に必要となる就業日数には、『過去(建設キャリアップシステム登録前)の就業期間』も含めることが可能です。
『過去(建設キャリアップシステム登録前)の就業期間』は、原則として最長でも建設キャリアアップシステムに登録されている最も古い資格の取得月から現在までの期間となります。
過去の就業期間を証明するためには、現在所属している事業者の証明が必要ですので、経歴証明書を作成し、所属事業者の証明を受けてください。(様式2)
一人親方などの場合は、能力評価団体が審査します。(様式3)
最も古い資格の取得月が確認できる書類(資格者証の写しなど)も能力評価申請書と併せて提出してください。


ご注意

受講者の所属企業は(様式1、2)の申請・証明を代行できます。申請書に代行者名、申請者との関係、事業者IDを記載いただくとともに、代行申請に同意する旨の申請者本人の押印が必要となります。
また、記入・資格漏れ・誤り、資料添付漏れ等書類に不備があった場合はレベル判定の取消事由となりますのでご注意ください。

能力評価の申請にあたっては、建設キャリアアップシステムへの技能登録が必要です。
まだ登録が完了していない方は、まずは建設キャリアアップシステムへの登録(有料)を
お願いします。(https://www.ccus.jp


提出先


〒101-0047 東京都千代田区内神田3-3-4 全農薬ビル6階
一般社団法人 全国防水工事業協会 能力評価担当係 宛
TEL:03-5298-3793

提出期限


2020年3月13日(金)必着