新着情報

全防協ニュース TOPICS

厚生労働省「化学物質管理に関する相談窓口と事業場への訪問指導のご案内」について
平成28年6月から施行された改正労働安全衛生法に基づき、一定の危険有害性のある化学物質(労働安全衛生法施行令別表第9等に定める663物質)について、
1.化学物質のリスクアセスメントを行うこと
2.譲渡提供時に容器などへのラベル表示を行うこと
3.譲渡提供時に安全データシート(SDS)の交付を行うこと
が必要となりました。
この件に関して、厚生労働省はテクノヒル株式会社 化学物質管理部門に相談窓口を設け、リスクアセスメントに係る訪問支援も行っております。
なお、相談窓口、訪問支援の詳細につきましては、下記リーフレットをご覧ください。

 


(2017.05.15)